胸にハリがない!?胸の張りを戻す方法とは

 

胸の張りを戻すサプリ

 

胸の悩みは人それぞれです。
胸が小さい、左右に離れている、形が悪い・・・など

 

その中でも、常に胸の悩みランキング上位に顔を出すのが、胸のハリがない、という悩み。
10代20代で胸のハリがない・・・と悩んでいる女性から、産後・授乳後、30代40代以降の加齢によって胸のハリがなくなってくる場合もあります。

 

若いのに胸のハリがない

断乳後・卒乳後に胸のハリがなくなった

胸が柔らかすぎて仰向けになると横に流れる

胸の上の張りを戻したい

 

このような胸のハリがない、という悩みをもつ女性に共通しているのが、乳腺が小さいという点です。
元々、平均以上のバストサイズがあった人でも、乳腺が衰退して小さくなれば、胸のハリはなくなります。

 

ハリのない胸に張りを出すにはどうしたらいいのでしょうか?

 

胸の張りがない胸に不足しているもの

 

まず、胸にハリがない人に共通してるのが、圧倒的なエラスチンの不足です。
エラスチンは、たんぱく質なのですが、主にコラーゲン同士を結び付ける作用があります。

 

エラスチンは胸の張りを戻す効果がある

 

エラスチンがある場所は、胸全体を支えている靭帯や、血管、皮膚の真皮の中です。
このように、エラスチンは体の色々な場所に存在しています。

 

ヒトのエラスチン含有量は、項靱帯で約78〜80%、動脈で約50%、肺で約20%、真皮で約2〜5%を占める。
エラスチンは皮膚や血管では年齢と共に減少し皺(シワ)の原因となる。
(Wikipediaより抜粋)

 

エラスチンが不足すると、コラーゲン同士を結び付ける働きが弱くなって、皮膚の中の水分量が減少し、胸にシワができ、弾力が失われてハリがなくなるのです。

 

皮膚の中の水分保湿が大事という言い方はよく聞きますが、バストの皮膚も他の部位と同じように、スポンジのように空洞だらけのスカスカな構造となっています。
水分がゼロの状態だとミイラになってしまいますから、この空洞部分に通常は水分が存在しています。

 

この水分が流れてしまわないように、水分保湿効果のあるコラーゲンを繋ぎ止めているのがエラスチンなのです。
さらに、エラスチンを増やすことで、おっぱいの真皮に存在しているコラーゲンの繊維を、蜘蛛の巣の糸のように複雑に絡み合わせることが可能となります。

 

このように、バストの肌のキメが細かくなると、おっぱいの皮膚の深層部に繋ぎ止めていられる水分量が増えるため、胸にハリを出すことができるのです。

 

つまり、胸にハリと弾力を戻すには、エラスチンはなくてはならないものなのです。

 

胸がしわっぽくなったり、たるみが気になった状態が続いても、諦めてはいけません。
集中的にエラスチンを摂取することで、胸のハリは簡単に取り戻すことができます。

 

さらにバスト全体を支えているクーパー靭帯は年齢と共に伸びていきます。エラスチンはこのクーパー靭帯を修復・復活させる働きがあるため、定期的に摂取することで、張りがない垂れた胸を持ち上げて、胸の高さを上げる効果が期待できます。

 

ツンとした上向きのバストを作る

 

乳腺発達で胸にハリを出す栄養素

 

バストの水分保湿量も大切ですが、はじめにお話しした乳腺の衰退も、胸のハリがない原因の一つに挙げられます。
いくら皮膚に水分量を増やしても、胸がしぼんでいる状態だと、張りを維持することができません。

 

風船を例にだすなら、いくら風船のゴムのクォリティ(皮膚の水分量)にこだわっても、パンパンに空気が入っていなければ(乳腺が発達していなければ)、上向きで張りのある胸を作ることはできません。

 

この乳腺発達に働きかける成分が、フェヌグリークです。

 

フェヌグリークのバストアップ効果

 

フェヌグリークは、地中海原産のハーブ・香辛料の一種でもある、マメ亜科の一年草植物です。種子は、メープルシロップ様の香りと若干の苦味をもちます。

 

牧草として飼育されたり、種子をスパイスとしてカレー粉などに用いたりと、用途は様々ですが、女性にとって欠かせないプロゲステロン(黄体ホルモン)に似た、ジオスゲニン(ヤマイモに含まれる豊胸成分)を多く含んでいるため、乳腺を発達させて胸を大きくする作用があります。

 

フェヌグリークは、欧米では美ボディサプリメントに配合されている美容成分してメジャーで、近年では日本でもフェヌグリークの美容効果が注目されるようになってきています。美容ハーブとしての効果だけでなく、漢方薬(和漢)としてもその効能は認められています。

 

エラスチンとフェヌグリークを効率よく取り入れるには

 

エラスチンやフェヌグリークの効果で胸に弾力性を出す

エラスチンが含まれている食べ物として有名なのはカツオですが、毎日カツオを生のまま刺身で食べ続けたとしても、エラスチンを増やすことはできません。

 

胸にハリを出す為に必要なエラスチンの量は、私たちの普段の食事からだけでは限界があります。フェヌグリークにも同じことが言えます。

 

ハリと弾力のある胸を作るのに必要なこれらの成分は、毎日少しずつ摂取しても身体から、汗や老廃物、排泄物として流れていってしまうため、胸にハリを戻すためには、短期間で集中的に摂取する必要があります。

 

効率よく、これらの胸に良い成分を取り入れるのにオススメなのが、毎日継続しやすいサプリメントです。
忙しくて時間がない人でも、簡単に続けられるので、早い人であれば数週間で胸のハリを戻すことが可能です。

 

胸にハリを出すのに欠かせないエラスチンを増やすことで、水分たっぷりの、ぷるぷるした弾力のあるハリのある胸を手に入れましょう。

 

エラスチンたっぷりの人気サプリはこちら⇒


 

胸に張りがない人はジムやエステに通えば何とかなると思っている人が多いですが年齢と共に垂れてくる胸に張りを戻すのはそれほど簡単ではありません。胸に張りがない原因の多くは加齢によって減少する女性ホルモンやコラーゲン減少による胸の弾力性の低下です。若い人でも胸に張りがなくて悩んでいる人はいますが胸が垂れていると見た目年齢が実年齢より老けてしまいます。ブラを上手に活用すればバストトップの位置を上げることで上向きの張りのある胸に見せることはできますが彼氏の前でブラを取ってしまえば幻滅されてしまいますよね。体の内側から胸に張りを与えるには不足している女性ホルモンを補ってあげることです。初心者に人気の安全なバストアップサプリランキングでも紹介されているエンジェルアップは胸に張りを出す美容成分がたっぷりと配合されているため女性らしい艶やかな張りのあるバストを手に入れることができます。エンジェルアップを飲み始めた多くの女性が胸に張りがないコンプレックスから開放され上向きで張りのある胸を手に入れています。